こんばんは、3さかです。
今回は「日本はお金が無い」という話についてです。

日本は本当に「お金が無い」のでしょうか?ーーーーー

去年秋の、このニュースを覚えていますか?
(赤字国債)法案が成立しないと、11月の早い時点でお金が本当に国からなくなるという事態になります』(当時の安住財務大臣の閣議後の会見より)


この話は<手続き上の問題>でした。
結局あっさりと解決しましたよね?

また、野田政権が発足後、去年の7月24日までに海外に対して資金供与を約束した額と、為替介入額等の合計は「31兆1103億円
だそうです。 (平成24年07月24日 参議院 予算委員会より)


自民党政権になってからも、以下のようなニュースがあります。






私は「海外にカネを拠出すること」には賛成です。これは<投資>であり、<協力>でもありますから。
世の中の役に立つのなら、どんどんお金を出すべきだと。

でも、「それなら、日本の国民の為にもさっさとお金を出してくれ」と思います。

大震災後<復興構想会議>で、まず出た話が「復興の財源をどうするか?日本はお金が無いから増税するしかない」というものでした。

日本は「お金が無い」のではなく、「(一部の人間たちが)お金を出す気が無い、お金はあるけど出したくないだけ」だと思います。
~~~~~
私は早期の政界再編を期待しています。
ですので、政党の選挙公約ではなく、候補者それぞれの考え方をしっかりと調べたいと思います。


ではまたお会いしましょう。