参議院選挙の選挙公報がようやく届いた。
丁度今日あたりが折り返し点だと言っていいだろう。

毎日、暑い。
暑いですね~、が挨拶になるが、私のところに届いてくる挨拶にはおまけがある。

暑い!でも、東京の方はどこへ行っても冷めていたよ。

選挙について散々語ってきたから、私の周りの人は私の関心が専ら参議院選挙にあることを知っている。
暑い、という時候の挨拶に重ねて、それぞれの選挙区の情勢を語るのが私にとっての最大の挨拶だということを、皆さんよく知っておられる。

暑いけど冷めている。

これが目下の参議院選挙の状況である。
投票率がかなり低くなりそうだ。

どうやら風頼み、ふわっとした人気に頼った選挙は今回は功を奏しないようだ。
足元をしっかり踏み固め、一歩一歩着実に戦いを進めている陣営が有利になっているようだ。

選挙前の世論調査で有力だと報じられてしまった陣営は今こそ足元を固める時である。
このままでは多分思いがけない結果になる。
浮動票などどこにもないのだから、どうしても自分の支持層に支援を呼びかける必要がある。
もはや紙つぶては役に立たない。
電波系も役に立たない。

今からでも役に立つと思われるのは、街頭での必死の訴えと徹底した電話戦、さらには有力地方議員への心からのお願いである。

陣営の立て直しにこの一文が役に立つことを心から祈っている。

フレー、フレー、フレー。
みんな頑張れ。