2010-12-04 11:26:48 テーマ:選挙

いよいよ本丸に近づいてきた、と思うような記事が目に留まった。

これからこの種の調査報道が相次ぐのだろうと思う。


一番手は、毎日新聞である。

民主党の山岡氏に狙いをつけたのは、地元の記者が相当に勘のいい証拠である。

火の無いところには煙は立たないと言うが、それまで小選挙区で負け続けていた山岡氏が小選挙区で当選したという背景を丁寧に探れば、選挙戦の実相は見えてきたはずだ。

激しい選挙戦だったろうと思う。

若い新人候補ならともかく、元自民党の、まさに旧自民党の体質をそっくりそのまま受け継いできたような保守系の候補者の選挙運動は、たとえ民主党の看板を背負っていても古い古いスタイルの選挙運動になることは必至だった。


運動員買収は、誰しも陥りやすい選挙違反である。

私は、電話かけのアルバイトぐらい認めたらいいではないか、と思っているが、取り締まり当局の追及は厳しい。

県警の選挙違反取締本部の解散時期を念頭において、それまでは一切電話かけの報酬の支払いはしないのが通例だが、電話かけをお願いしておきながら最後まで報酬の支払いをしない、ということは難しい。

摘発されたら運が悪い、ぐらいの感覚で選挙の現場はやっているのだろう。


やる以上は危険を承知で、摘発されないように周到に知恵を廻らしていたはずだが、残念ながら地元の選挙の神様が知らないうちに制度が変わっていた、ということである。

思いがけないところからばれてしまった。

誰かは必ず網にかかると思っていたが、まさか民主党の大幹部とされていた山岡氏が第一号になるとは想像していなかった。

山岡氏は当時民主党の選対を仕切っていた人ではなかったか。


政治資金規正法の改正で1円以上の領収書の添付が義務付けされたのだから、これを厳格に適用すると大変なことになるぞ、自分で自分の首を絞めるようなことを皆さん提案しているのですよ、とかつて私のブログに書いたことがある。

選挙運動と政治活動の境目がはっきりしていないから、政治団体の支出を厳密にチェックしていくと事前運動や運動員買収、さらには買収供応の疑いが出てくることがある。

領収書を丹念に調べていくと、本当に何が飛び出すか分からない。


皆さん、分かっているのかしら。

警察がその気になれば、捜査の手が簡単に政治家に及ぶことになりますよ。

大変な武器を警察やマスコミに渡すことになるんですよ。

皆さん、備えは出来ていますか。


如何にも自分たちの身を護るためだけの議論のようになるので大声では言えなかったが、政治の独立を護りたいと思っていたので、一応法律実務家の観点から警鐘だけは打ち鳴らしておいた。

公職選挙法をそのままにして一円以上領収書の添付を義務付ければどういうことになるか。

その結果が、間もなく見えてくる。

公職選挙法は、議員立法である。

国会議員の立法能力がどのくらいか、皆さん大体想像できるだろう。